こっそり始める Blog

miwaを全力応援!菓子パンはスイーツ!iPhone大好き!

こっそり始める Blog header image 2

WordPressの子テーマとやらを作ってみたった

2012年08月12日 · コメント(0) · WordPress



こんばんは。

仕事中もブログのことを考えている @tar0073 です。
まあ考えてるだけでブログに反映されてないようですけどねw

SPONSORED LINK

子テーマ

WordPressと言えばカスタマイズですよね。
でもカスタマイズしても更新するとその労力も水泡と期すわけです。

そこで子テーマの出番ってわけなんですね。
そんなわけで今回参考にさせてもらったのはこのサイトです。

まずは子テーマをつくる準備から | Webourgeon

子テーマとは?

そもそも子テーマとはなんなんでしょうか?

WordPressの子テーマとは、別のテーマ(親テーマ)の機能を継承し、その機能にさらに機能を追加したりその機能を調整したりすることのできるテーマです。

ということらしいです。

つまりはカスタマイズする時に子テーマがあれば元々のテーマ(親テーマ)をいじらなくてもOKってことなんです。

そうすれば失敗した時や更新時にやり直す必要がなくなるわけです。
WordPressを使っているブロガーの多くは子テーマを使っているようですね。

作ってみた

子テーマには最低限style.cssがあればいいようなので、そこからですね。

@charset "utf-8";
/*
Theme Name:     webourgeon
Theme URI:      http: //example.com/
Description:    Twenty Ten theme の子テーマ
Author:         webourgeon
Author URI:     http: //example.com/about/
Template:       twentyten
Version:        0.1.0
*/
 
@import url('../twentyten/style.css');
 
#site-title a {
    color: #009900;
}

Theme Name (必須) 子テーマ名
Theme URI (任意) 子テーマのウェブページ
Description (任意) テーマの説明。
Author URI (任意) 作者のウェブページ
Author (任意) 作者の名前
Template (必須) 親テーマのディレクトリ名, 大文字小文字を区別します
Version (任意) 子テーマのバージョン。例: 0.1, 1.0, etc

最低限必要なのは子テーマ名と親テーマの指定の2つだけです。
以上のことを踏まえて作ったstyle.cssです。

スクリーンショット 2012 08 12 20 50 47

子テーマを有効化

以上の内容のstyle.cssをwp-content>themesに新たにフォルダを作り、そこへアップロードします。
アップロードすればWordPress管理画面の外観>テーマに作ったテーマ名が出来ています。

スクリーンショット 2012 08 12 22 53 50

これを有効化すればOKです。

スクリーンショット 2012 08 12 20 52 49

外観>テーマ編集を見ると右上にしっかり子テーマと表示されています。

意外と簡単ですよ

以上で子テーマ作成が完了です。
あとは必要なphpファイルなどを同じフォルダへコピーしていき、コピーしたphpファイルを編集していけばいいわけですね。

難しいんじゃなかと二の足を踏んでいる方もいてるかと思いますが超ド素人の私でも出来ました!
WordPressでカスタマイズをしている人は子テーマを作ってみてはいかがでしょうか。
意外と簡単に出来ますよ!

SPONSORED LINK



タグ : ··

コメント(0)

コメントはまだありません。

コメントする

CAPTCHA


Get Adobe Flash playerPlugin by wpburn.com wordpress themes